About Us

SOLOMON-ソロモン- とは?

ソロモンとは?

SOLOMON -ソロモン-

時代を動かす経営者マガジン

世界情勢の流動化、IoTや人工知能によって激変するビジネス環境、複雑化・複合化する社会の中で、価値ある情報を見つけることが難しい時代。
SPEED(時間)とINNOVATION(革新)が最大の武器となる多忙な経営者に向けて、時代を動かす経営者マガジン「SOLOMON -ソロモン-」が誕生しました。

経済人・文化人など各界トップへのインタビュー、リーダー論や経営戦略などのビジネス最前線の情報に加え、旅行・グルメ・読書・ファッション・ウェルネスなど、旬の話題を満載し、この一冊を読めば、話題の情報がまるごと手に入る経営者向けライフスタイルマガジンです。

Current Number

最新号のご紹介

SOLOMON[ソロモン]第6号

時代を動かす経営者マガジン

SOLOMON -ソロモン-
2018年7月25日
躍動の第6号!

特集1はホンモノの働き方改革を実践する注目企業サイボウズ株式会社の青野慶久代表取締役社長。失意と失敗の中から生まれてきたサイボウズの働き方改革とは?第2特集は米国立がん研究所(NCI)の主任研究員・小林久隆医師が登場。いよいよ日本でも臨床試験がスタートした、近赤外線を照射してがんを死滅させる「がん光免疫療法」についてお話をうかがいました。巻頭コラムは演出家の宮本亜門氏。多様な人やジャンル、異文化がぶつかり合い、コラボして生まれる舞台の面白さ、文化の力について語っていただきました。さらに、ソーシャル・ビジネスで世界を変える社会起業家集団、株式会社ボーダレス・ジャパンの田口一成代表との誌面対談など、今号も新たな時代のはじまりを予感させる、躍動感あふれる内容となっています。

サイボウズ 青野慶久氏

サイボウズ株式会社 
代表取締役社長

青野 慶久


ホンモノの働き方改革を実践中

理念のない会社も
経営者も存在意義がない

米国立がん研究所 小林久隆

人類を救う 
がん治療法の開発者

「創りたい」と思わないと
何も生まれない

米国立がん研究所
主任研究員
小林 久隆
ソロモンの休日。

見慣れた毎日を脱し
非日常の夏を愉しむ

ソロモンの休日。


その他にも連載コラム(「賢考賢行 宮本亜門」「ニュースを笑え 蟹瀬誠一」「現代(いま)を生きぬくリーダー達へ 辻野晃一郎」「ソーシャル・ビジネス新時代へ 岡田昌治」「時代刺激人 牧野義司」「勝者のウェルネス 小林弘幸」「リーダーの読書」)が盛り沢山!

Next Number

次号のご紹介

SOLOMON[ソロモン]次月号


第7号 2018年10月
発刊予定





Contact

お問合せ


広告に関するお問合せ

取材に関するお問合せ

広告に関するお問合せ